ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「トランプ大学」めぐる詐欺疑惑訴訟、28日から公判

2016年11月10日

[9日 ロイター] - 米大統領選に勝利した共和党のドナルド・トランプ氏が創設した不動産セミナー「トランプ大学」に詐欺の容疑が持たれている問題で、28日に公判が始まる。大統領は公職に関する訴訟を免除されているが、最高裁は就任前の案件については適用されないとの見解を示している。

原告とトランプ氏の弁護士はいずれもコメントを控えている。

9日にサンディエゴの連邦裁判所で双方の弁護士が公判前手続きについて協議する。トランプ氏は証人として法廷で証言を求められる可能性がある。

トランプ大学をめぐっては、トランプ氏が選任した講師が不動産投資の「極意」を教えるとの触れ込みだったが、高額な授業料を払って何も得るものがなかったとしてサンディエゴとニューヨーク州で集団訴訟が起こされている。

*写真を付けて、カテゴリーを追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧