ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

韓国通商相、韓米FTA継続を訴え トランプ氏勝利受け 

2016年11月10日

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国の周亨煥(チュ・ヒョンファン)産業通商資源相は10日、米大統領選で保護主義的政策を唱えるドナルド・トランプ氏が当選したことを受け、二国間貿易の重要性を強調し、韓米自由貿易協定(FTA)の継続を訴えた。

米国当局者と企業関係者との会合に向けた発言原稿で明らかになった。

同相はこの中で、貿易を拡大し、質の高い雇用の創出を増やすためには、二国間の投資は拡大されるべきとの考えを示した。

また、韓米FTAが2012年に発効した後、世界的に貿易が低迷する中で二国間の貿易は増え、数万人もの質の高い雇用が米国で創出されたと指摘した上で、韓米の経済協力関係が続くことを願うと述べた。

トランプ氏は選挙戦でFTAについて、米国の雇用を「破壊している」と批判し、消極的な姿勢を示していた。

韓国の輸出の回復がまだ本格化しない中で、FTAの再交渉が行われる可能性を政府当局者は懸念している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧