ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国商業銀の不良債権比率、9月末は1.76%に小幅上昇

2016年11月10日

[北京 10日 ロイター] - 中国銀行業監督管理委員会(CBRC)によると、第3・四半期末時点の国内商業銀行の不良債権比率は、第2・四半期末時点の1.75%から1.76%に上昇した。

不良債権残高は1兆4900億元(2194億5000万ドル)となり、前四半期末時点の1兆4400億元から増加した。

返済困難が見込まれる債権(Special mention loans)は5%増の3兆5000億元。6月末は3兆3200億元だった。

CBRCは「銀行の利益の伸びは引き続き緩やか」とした。

第3・四半期の商業銀行利益は1兆3000億元で前年比2.83%増となった。資金利ザヤは1.08%で前年から0.13%ポイント低下。中核的自己資本(Tier1)比率は10.83%だった。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧