ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

未来投資会議、医療・介護で議論 首相「自立支援に軸足」

2016年11月10日

[東京 10日 ロイター] - 政府は10日、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の活用について議論する第2回の「未来投資会議」を開いた。

安倍晋三首相は会合で、団塊の世代が75歳を迎える「2025年問題」に間に合うよう、予防、健康管理、自立支援に軸足を置いた新しい医療介護システムを本格稼働させていく考えを示した。

未来投資会議の開催は9月12日以来、約2カ月ぶり。同日の会合では医療・介護分野での諸課題を中心に議論した。

下部組織の「構造改革徹底推進会合」でこの分野を取り仕切る、日本総研副理事長の翁百合会長は、AIやIoTの技術革新を最大限取り入れ、質の高い医療を全国展開することなどを提案。

2018年度の介護報酬改定では、自立支援によって要介護度を改善させた事業所に対してインセンティブ措置を導入するよう求めた。

(梅川崇 編集:吉瀬邦彦)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧