ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

H5N8型鳥インフルの感染拡大、欧州数カ国で

2016年11月11日

[パリ 10日 ロイター] - 国際獣疫事務局(OIE)は10日、欧州の数カ国で鳥インフルエンザの感染が拡大していると報告した。

OIEによると、感染拡大が確認されたのはドイツ、オーストリア、クロアチアとスイス。

フランスの農業省は声明で、感染性の高い「H5N8型」ウイルスがハンガリー、ポーランド、ドイツ、クロアチア、オランダ、デンマークで野生の鳥から検出されたと述べた。

オーストリアとスイスは10日、両国にまたがるボーデン湖周辺で野生のカモからウイルスが検出された後、国内の家禽(かきん)への感染拡大を防止する予防策を講じた。

オランダ政府も今週初め、同様の対策に着手し、農家に家禽を屋外に出さないよう要請した。

H5N8型は鳥への感染性は強いが、ヒトへの感染が確認されたことはない。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧