ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ロシアのハッカー、大統領選直後に米シンクタンク攻撃か

2016年11月11日

[10日 ロイター] - ドナルド・トランプ氏が米大統領選勝利を決めた直後に、ロシアのハッカー集団が米国を拠点とする政策シンクタンクにサイバー攻撃を仕掛けていたことが、専門家の調査で分かった。ロシア政府が次期政権の情報を収集しようとしているとの見方もある。

セキュリティー企業3社はロイターに、ロシア政府と関連があるとされるハッカー集団「コージーベア」が、特定のターゲットに対して重要なデータなどを奪おうとする「スピアフィッシング」型の攻撃を仕掛けていると述べた。コージーベアは大統領選前、民主党に対するハッキングを行った集団と疑われている。

セキュリティー会社エイリアンボルトのジェイム・ブラスコ氏は、新政権への移行期間にワシントンで起きていることを把握するためにハッカーが攻撃を仕掛けているとの見方を示した。

シンクタンク、外交問題評議会のセキュリティー専門家アダム・セガール氏は、ターゲットには同評議会も含まれると述べた。

ワシントンにあるロシア大使館からコメントは得られなかった。ロシア政府は関与を強く否定している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧