ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

全米各地でトランプ氏への抗議活動続く、一部で警察の介入も

2016年11月11日

[ワシントン/ニューヨーク 10日 ロイター] - 米大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏が勝利したことに対する抗議デモが、同氏の勝利から2日目となる10日も、全米各地で続いた。抗議者らは、市民権が脅かされる恐れがあると主張している。

抗議活動が行われたのは、東海岸のワシントン、ボルチモア、フィラデルフィア、ニューヨークと、西海岸のロサンゼルス、サンフランシスコ、オークランド、カリフォルニア、ポートランド、オレゴン。

大半の抗議活動は平和的で秩序あるものだったが、一部では警察が介入するような不法行為もみられた。

ミネアポリスでは、数十人が州間高速道路94号線上を行進。両方向の通行を少なくとも1時間遮断した。ロサンゼルスでも小グループが高速道路の通行を短時間止めたが、警察に排除された。

バルチモアの警察当局によると、約600人が同市中心部を行進。一部が車道に座り交通を妨害し、2人が逮捕された。

デンバーでは、地元メディアの推定によると、全米でこの日最大の約3000人が行進した。ダラスでは、数百人だった。

10日の抗議は、概して9日より小規模だった。様々な人種の10代や若者たちが抗議活動の中心だった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧