ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

りそなHD、17年3月期当期利益を上方修正 前年比-7.5%の1700億円

2016年11月11日

[東京 11日 ロイター] - りそなホールディングス<8308.T>は11日、2017年3月期当期利益予想を期初の1600億円から1700億円(前年同期比7.5%減)に上方修正すると発表した。上期に不良債権処理が大きく減少したことを織り込んだ。

同日発表した16年4―9月期決算は、連結業務粗利益が同3.1%減の2980億円、実質業務純益が同8.0%減の1257億円、当期利益は同13.0%増の969億円となった。

日銀のマイナス金利の導入による預貸金収益の減少を主因にトップラインが減収となったものの、不良債権処理損が新規発生の減少で前年317億円改善の105億円の戻り益となり、最終増益となった。

会見した東和浩社長は不良債権の新規発生の減少について「景気が安定しており、企業の体力が強化されている」と分析した。下期の不良債権処理損は当初計画通りだという。

低金利の長期化で、預貸金収益を伸ばせない環境になっているが、東社長は「手数料収入の多様化を進めて、収益に占める手数料比率を現在の30%から上げていく必要がある」と語った。

(布施太郎)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧