ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

独GDP、第3四半期も緩やかに拡大=経済省報告書

2016年11月11日

[ベルリン 11日 ロイター] - ドイツ経済省は11日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定や米大統領選でのトランプ氏勝利による不透明感が広がる中でも、第3・四半期の同国経済は緩やかに拡大するとの見方を示した。

経済省はこの日、月間報告書を公表。同四半期、全般的な経済生産はわずかに増加するとの見通しを示した。鉱工業生産は安定化しており、労働市場は引き続き順調で、個人消費は継続して景気を下支えしているもよう。これにより、外的環境からの影響が吸収されているという。

さらに報告書は「世界の経済環境は現在も、ブレグジット決定や米大統領選に伴う不透明感に特徴づけられる」としつつ、「短期的な悪影響は見込まれていない」と指摘した。

第3・四半期の国内総生産(GDP)の発表は15日の予定。エコノミストは前期比0.3%増を見込んでいる。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧