ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日々の国債利回り動向、ECBに影響せず=アイルランド中銀総裁

2016年11月12日

[ダブリン 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の理事会メンバーであるレーン・アイルランド中央銀行総裁は11日、債券市場の日々の動きがECBの政策に直接の影響を及ぼすことはないとし、次回の理事会では幅広い情報を精査した上で政策を判断すると強調した。

ユーロ圏の債券市場では、米大統領選で共和党のトランプ氏が衝撃的な勝利を収めたことを売り材料に、各国の国債が再び急落。イタリア国債の利回りは1年ぶりの高水準に上昇した。

レーン氏は記者団に対し「日々の動きはわれわれにとって直接重要ではない。われわれは何が起きているのを評価し、(次の理事会がある)12月の初めには市場データや新たな見通しを注視することになる」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧