ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル指数9カ月ぶり高水準、トランプ氏のインフレ押し上げ観測で=NY外為

2016年11月12日

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し9カ月ぶり高値をつけた。トランプ次期米政権の積極的な財政政策や保護主義的な通商政策が米インフレ率を押し上げるとの見方が背景にある。

ドル指数<.DXY>は、市場予想を上回る消費者信頼感データやユーロ、カナダドルに対する大幅な値上がりが追い風となり2月1日以来の高水準をつけた。週間では2%超上昇し、2015年11月以来の大幅上昇となった。

11月の米ミシガン大消費者信頼感指数速報値は91.6と、10月の87.2から上昇。市場予想の87.5も上回り、6月以来の高水準となった。

ユーロ/ドル<EUR=>は1.0836ドルと、3月以来の安値に下落。カナダドル<CAD=D4>は対米ドルで0.5%下落し2月下旬以来の安値をつけた。

ドル/円<JPY=>は当初の下げから持ち直しほぼ横ばい。週間では3.5%値上がりした。

ドルは新興国通貨に対しても買われた。中国人民元、メキシコペソに対し一段高となり、歴史的な水準まで上昇した。トランプ次期米大統領が保護主義的な政策を実施すれば新興国が最も大きな打撃を受けると懸念されている。

メキシコペソ<MXN=D4>は3%急落し、最安値の1ドル=21.395ペソに沈んだ。

ブラジルレアル<BRL=>、南アフリカランド<ZAR=>はいずれも2%を超える下げとなった。

オアンダのチーフ為替ストラテジスト、ディーン・ポプルウェル氏は「誰もが米資産を求めており、新興国は通貨・株・債券のトリプル安の様相を呈している」と話した。

ドル/円 NY終値 106.72/106.75

始値 106.22

高値 106.80

安値 106.23

ユーロ/ドル NY終値 1.0846/1.0848

始値 1.0872

高値 1.0919

安値 1.0831

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧