ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ペルー大統領、米国抜きで中ロ含めた新貿易協定を提唱

2016年11月14日

[リマ 11日 ロイター] - ペルーのクチンスキ大統領は、発効が困難になった環太平洋連携協定(TPP)の代わりに、太平洋圏諸国が米国抜きで中国やロシアを含めた新たな自由貿易協定を推進することは可能だとの考えを示した。ロシア国営テレビ「ロシア・トゥデイ」が11日、クチンスキ氏のインタビューの録画を放送した。

TPPはオバマ米大統領が主導し、中国に対抗したアジア太平洋地域の貿易ルール確立を目指した動き。ただ共和党議会指導部が反対している上に、大統領選でTPP破棄を公約したドナルド・トランプ氏が当選したため、実現は難しくなった。

こうした中でクチンスキ氏は「米国なしでも同じような協定で代替できる。中国とロシアを入れたアジア太平洋地域の貿易協定を締結するのが最善だと思う。新たな交渉を始めなければならない」と語った。

ペルーでは今週アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれ、米大統領選後初めて日米や中国、ロシアの首脳が一堂に会する。中国は既に、米国が加わらない東アジア地域包括的経済連携(RCEP)をTPPに代わり得る枠組みとして推進しており、首脳会議でもRCEPへの支持を訴えるとみられる。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧