ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏勝利受けEU外相が会合、国防支出などを確認

2016年11月14日

[ブリュッセル 13日 ロイター] - 米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したことを受けて、欧州連合(EU)は13日、外相会合を開き、国防支出を拡大することや、気候変動、イランの核開発問題での合意を順守する方針を確認した。

議長国スロバキアのライチャーク外相は「米国のビジネスライクな対応が増える」との認識を示した上で「誰も大統領選の結果を疑っていないし、われわれが米国と協力する用意があることも疑いがない」と述べた。

トランプ氏は国連の気候変動枠組み条約やイランとの核開発問題での合意を疑問視しているほか、欧州に対する防衛義務の履行についても条件付きとの見解を示している。

ベルギーのレンデルス外相は「欧州が世界でどのように発言力を高めていくかが現在の問題で、われわれは安全保障と防衛に関して既に協議した。貿易や移民、気候変動などの問題でも同様ではないか」と語った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧