ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

パリ同時攻撃から1年、オランド大統領が記念碑公開

2016年11月14日

[パリ 13日 ロイター] - 130人が犠牲となったパリ同時攻撃から1年を迎えた13日、フランスのオランド大統領は、事件現場で犠牲者の名前を彫ったプレートを公開した。

昨年11月13日の夜、武装したイスラム過激派8人がスタジアムやコンサートホール、カフェなどを相次いで襲撃した。

このうちバタクラン劇場では、当時、米国のロックバンド「イーグルス・オブ・デスメタル」の公演が行われていた。ホールに侵入した過激派3人は、場内にいた観客にめがけて銃を乱射。一連の事件で最も多い90人の犠牲者が出た。

事件後、過激派組織「イスラム国(IS)」が、イラクとシリアで軍事作戦に参加するフランス政府への報復だとする犯行声明を出した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧