ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米欧TTIP、トランプ氏勝利で交渉長期凍結も=EU

2016年11月14日

[ブリュッセル 11日 ロイター] - 次期米大統領に共和党のドナルド・トランプ氏が決まったことを受け、欧州連合(EU)は、環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定交渉が凍結状態に陥り、しばらくは再開されないとの見方を示した。

オバマ政権の終わりを控え、TTIP交渉は足踏みが予想されていたが、トランプ氏はTPPからの離脱や北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を主張するなど、国際貿易協定に強い反対姿勢を示している。

EU委員会のマルムストローム委員(通商担当)はEU閣僚との会合後に開いた会見で「かなりの間、TTIPは恐らく凍結状態が続くだろう。解ける時にどうなるかは状況を見守らねばならない」と述べた。

そのうえで「現実的になるべきだ。かなり長い間、交渉再開はないだろう」と話した。

EU当局者はこれまでに、TTIPをめぐるトランプ氏の立場は明らかでないが、TPPやNAFTAへの対応が優先されるだろうと指摘している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧