ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アングル:アボガドから車まで、トランプ氏恐れるメキシコ産業

2016年11月14日

[ティファナ(メキシコ)/メキシコ市 10日 ロイター] - 自動車やアボガドなどメキシコの主要な輸出産業はこの20年間、北米自由貿易協定(NAFTA)の下で拡大を続けてきた。しかし米大統領選で勝ったドナルド・トランプ氏が公約通りNAFTA撤廃に踏み切れば、成長が断ち切られる危機に直面している。

トランプ氏はNAFTAについて、米国の労働者を犠牲にしてメキシコを優遇していると訴え、見直しか撤廃を掲げている。またメキシコとの国境に巨大な壁を作り、メキシコからの輸入品に高い関税を課す可能性も示している。

1994年のNAFTA発効以来、メキシコの対米輸出は6倍に増え、昨年は約3200億ドルに達した。かつて孤立していたメキシコ経済は投資の拠点に変貌し、工場を建設する外国の大手企業も現れた。

それだけにトランプ氏勝利の衝撃は大きい。メキシコの全国製造業組合のマルセロ・ヒノホサ会長は「目の前で起きたことが信じられなかった」と述べた。

トランプ氏の勝利で、自動車業界などメキシコとの自由貿易を支えにしてきた製造業者は新たな圧力にさらされている。

ノエボ・レオン州自動車クラスター協会のディレクターのマヌエル・モントヤ氏は、NAFTAが廃止されればメンバーにとって「ひどいことになる」と指摘。

メキシコ製自動車は米国製よりも価格が3000ドル安いため、メキシコから輸入しなければ米国の消費者にも負担増という影響が及ぶと訴える。

メキシコの自動車産業はNAFTA発効前はほとんど取るに足らない規模だったが、今や世界で最も規模が大きく、成長の速い生産拠点の1つとなり、世界のサプライチェーンで不可欠の存在になっている。

メキシコの農業にとってNAFTAの影響はプラスとマイナスが入り混じっているが、明らかな勝ち組もあり、その1つがアボガドだ。

生産者団体によると、アボガドは2007年から米国への輸出が可能になり、昨年の輸出量は17億ポンド(77万1000トン)と10年前に比べて6倍以上に増えた。

生産者団体の広報担当者のラモン・パス氏によると、米国はメキシコを抜いて世界最大のアボガド消費国になった。加盟メンバーはトランプ氏の下で保護主義的な政策が導入されるのを懸念しており、ワシントンでロビイストと契約したという。

パス氏はNFATAが撤廃されれば「新たな輸出先を開拓しなければならないだろう。特に欧州、カナダ、日本、中国だ」と話した。

(Joanna Zuckerman Bernstein記者、Christine Murray記者)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧