ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日韓が軍事情報の協定に実質合意、韓国野党は反発

2016年11月14日

[東京 14日 ロイター] - 日本と韓国両政府は14日、軍事上の機密情報を共有するために必要な協定に実質合意し、仮署名した。両国とも国内手続きを経て早期の正式署名を目指す。

しかし、韓国では日本との軍事的な関係強化に反発が強く、不安定化している朴槿恵政権政権下で国内の支持を得られるかどうか不透明だ。

日韓は米国を介して軍事情報を共有しているが、直接やりとりする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結すれば、北朝鮮のミサイル発射や核実験への対応を強化できるようになる。両国とも法制当局の審査を経て、早期に締結したい考え。

韓国の野党は、今回も強く反発している。14日の日韓協議に先立ち、日本と仮署名すれば国防相を弾劾する方針を表明した。両国は2012年に署名寸前までこぎつけたが、韓国側が世論に配慮して取りやめた経緯がある。

(久保信博 取材協力:Ju-min Park)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧