ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英10年債利回り6カ月ぶり高水準接近、インフレ高進観測で

2016年11月14日

[ロンドン 14日 ロイター] - 欧州債券市場で英10年債利回りが約6カ月ぶりの高水準に迫った。トランプ次期米大統領の政策によりインフレが高進するとの観測から世界的に債券が売られるなか、英国債価格も6営業日連続で低下している。

ロイターデータによると、午前の取引で英10年債<GB10YT=RR>利回りは1.491%と、前営業日から約12ベーシスポイント(bp)上昇した。

同利回りは8月15日に過去最低水準となる0.503%に低下。以来約1ポイント上昇しており、この日の取引では5月5日につけた高水準の1.5%に迫った。

価格の低下は10年債、および償還期限がこれより長い国債に限定されており、英2年債<GB2YT=RR>利回りは0.22%とほぼ横ばいで推移。2年債と10年債の利回り格差は1.21%ポイントに9bp拡大し、2月初旬以来の水準となっている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧