ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ECB金融緩和、ユーロ圏にプラスなのは明白=専務理事

2016年11月15日

[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、ECBの金融緩和政策はユーロ圏にとり明らかにプラスであり、最も恩恵を受けるのがドイツであっても必要との立場を示した。

専務理事は「ECBの政策措置はユーロ圏諸国政府にとりプラスであることは明白」とし、ドイツだけで昨年、利払い負担が280億ユーロ相当も想定を下回ったと指摘した。

その上で、ECBは景気支援を継続するが、政府は需要促進や公共投資拡大など、成長支援に向けた政策へとリバランスを図り、共に責任を負うことが不可欠とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧