ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米SEC委員長、政権移行を機に1月に退任

2016年11月15日

[ワシントン 14日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は14日、ホワイト委員長が来年1月のオバマ大統領退任とほぼ同時期に辞任すると発表した。

SECの委員は現在5人のうち2人が空席となっている。今週再開する現職議員による「レームダック」議会で上院が候補者を承認しなければ、委員は民主党のスタイン氏と共和党のピオワ氏のみとなる。

ホワイト氏の退任後は、トランプ次期大統領がピオワ氏を正式な委員長が決まるまでの委員長代理に指名するとみられる。

ホワイト氏は元ニューヨーク連邦地検検事で、オバマ大統領に指名され2013年4月にSEC委員長に就任した。金融危機を起こした反省から、金融規制強化に取り組んできた。

後任には、ポール・アトキンス元SEC委員などの名前が挙がっている。アトキンス氏は、トランプ氏の政権移行チームでSECも含む金融規制当局を担当している。

*内容と写真を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧