ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

高まる欧州選挙リスク、英米の結果で身構える市場

ロイター
2016年11月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
11月11日、英国民投票でのEU離脱派の勝利、米大統領選でのトランプ氏勝利──。既得権益層に対する大衆の反発を2度も見せつけられた金融市場は、来年に向け欧州で予定される国民投票や選挙で同様の事態が起こる可能性を覚悟し始めている。NY証券取引所で9日撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国民投票での欧州連合(EU)離脱派の勝利、米大統領選でのトランプ氏勝利──。既得権益層に対する大衆の反発を2度も見せつけられた金融市場は、来年に向け欧州で予定される国民投票や選挙で同様の事態が起こる可能性を覚悟し始めている。

 来年はオランダ、フランス、ドイツで選挙が予定されており、場合によってはイタリアと英国でも選挙が行われるかもしれない。

 当面の試金石となるのが、イタリアで12月4日に予定される憲法改正の是非を問う国民投票。同じ日にオーストリアでは大統領選挙の決選投票のやり直しが実施され、候補者2人のうち1人は極右の人物だ。

 トランプ氏の財政拡張路線がインフレを招くとの見方から、欧米の国債相場はここ数日で全般に下落したが、中でもフランスとイタリアの下げ幅が大きいのも無理はない。

 ドイツの10年国債利回りは11日の週に17ベーシスポイント(bp)程度上昇。これに対し、フランスとイタリアの10年国債利回りは政治リスクも織り込んで約25bp上昇している。フランス10年国債利回りは0.72%と、1月以来の高水準に迫り、ドイツとのスプレッドは44bpと、昨年7月以来で最大となった。

 INGのシニア金利ストラテジスト、Martin Van Vliet氏は「英国の投票でアンチ既得権益層が勝ち、米国でも同じ結果が出たので、だれもが『来年はユーロ圏のどこで選挙があるのだろう』と調べ始めた。そう、フランスだ。こうした国々が危ないかもしれないと見て、市場はズームインし始めた」と話す。

 フランス大統領選の仕組みを踏まえると、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が最終的に勝利する可能性は小さいと見られているが、世論調査によると、第1回投票での得票数はルペン氏が最多となりそうだ。

次のページ>> 株や為替も
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧