ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世耕経産相、APECでメガFTAに関する少数閣僚会合を主催

2016年11月15日

[東京 15日 ロイター] - 世耕弘成経産相は15日、閣議後の会見で、今週ペルーで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合に際し、環太平洋連携協定(TPP)など国際協定について意見交換するための閣僚会合を主催すると明らかにした。

 「メガFTA(自由貿易協定)に関する少数国閣僚会合」は、同相が議長としてオーストラリア、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、ベトナムの閣僚に呼びかけ、17日夕刻の開催を予定している。

同相は、反グローバリズム・貿易保護主義が台頭しているなか「日本がアジア太平洋地域の自由貿易をけん引するという力強いメッセージを発する重要な場」だとし、「自由貿易の大切さを参加国と確認する非常にいいタイミングだ」と述べた。

ロシアのウリュカエフ経済発展相が収賄の疑いで身柄拘束されたとの報道については「最近会ったばかりであり、プーチン大統領から私のカウンターパートとして指名された人なので大変驚いている」と述べた。

日本とロシアの経済協力計画への影響については「政府同士の約束事として具体化を進めるための作業計画とりまとめで合意しているので、ロシアにはこの合意をしっかり実行してもらいたい」とした。8項目の協力計画は事務方で具体化作業が進展しており、それらを同相とロシア経済発展相の後任との間で着実に進めるとの考えを示した。

(宮崎亜巳 編集:田中志保)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧