ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

スノーデン容疑者、米国内のスパイ活動に警告 トランプ氏勝利で

2016年11月15日

[ブエノスアイレス 14日 ロイター] - 米当局の情報収集活動を暴露して訴追された中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者は14日、米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利したことにより、米政府が国内の情報収集活動を強化する可能性があると指摘、民主主義のチェックとバランスが権威主義に押されていると警告した。

スノーデン容疑者は現在、難民としてモスクワで生活。ブエノスアイレス大学のロースクールが主催するテレビ会議に参加した。

 「権威主義の代わりに開かれた政府、政府の活動を理解する人々から承認された同意に基づく政府ではなく、個人の信頼や主張への信頼、正しいことを行うだろうという希望による信頼を基礎とする政府」に変わりつつあると述べた。

2013年のスノーデン容疑者の暴露を受け、米政府は無差別の情報収集活動を行わないと約束。だが、「全く違う価値観を持ち、向う見ずに統治できる」新しい当局者らによって、この政策は変更される可能性があるとスノーデン氏は指摘した。

 「政府が数年かけて、私たちが支持するような方法で(情報取集活動を)運用し、私たちの信頼を得るのであれば、その方法が変更されたとき、何が起こるだろうか」と疑問を呈し、「これが選挙後の米国が直面している一種の挑戦だ」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧