ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

NY市場サマリー(15日)

2016年11月16日

[15日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対して上昇し、11カ月ぶりの高水準となった。対円では109円台前半に上昇し、一時5カ月半ぶりの高値をつけた。10月の米小売売上高が堅調だったことで米国債利回りが上昇し、ドル買いを後押しした。

ドル/円<JPY=>は一時109.33円まで上昇、主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は、一時100.26まで上昇した。

米2年債<US2YT=PR>の利回りは今年1月以来の水準に上昇したが、トランプ氏の大統領選勝利を受けた国債利回りの上昇の動きが弱まり、一時はドル売りが優勢になる場面もあった。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場ストラテジスト、オマー・エジナー氏は「債券、ドルとも値固めの時期にあるようで、一服の様相だった」と話した。

トランプ氏が景気後押しのために減税や財政出動に乗り出すことへの期待から国債の利回りが上昇し、ドルは上げている。しかし、トランプ氏が選挙で主張してきた貿易や移民の制限は企業活動の妨げとなり、経済の重しになるとの声もアナリストから上がっている。

<債券> 大統領選でのトランプ氏勝利を受けたインフレ高進期待による売りがやや一服。30年債価格は6営業日ぶりに反発した。ただ、指標10年債は下落したほか、2年債利回りは堅調な米小売売上高統計を受けて10カ月ぶりの高水準をつけた。イールドカーブはフラット化し、2・10年債利回り格差は123ベーシスポイントに縮小した。アナリストからは、30年債の上昇も一時的との声が聞かれた。

BNYメロンのグローバル市場ストラテジスト、サマルジット・シャンカル氏は、予想されている政府のインフラ投資拡大によって国債の発行が拡大するほか、インフレ圧力が高まるというのが選挙後のコンセンサスとし、「米連邦準備理事会(FRB)は金利正常化プロセスの加速を余儀なくされる可能性がある」と語った。

<株式> ダウ工業株30種平均は終値で過去最高値を更新。大統領選後低迷していたハイテク株が買い戻されたほか、原油価格急伸を受けたエネルギー株の値上がりが相場をけん引した。

ハイテク株<.SPLRCT>は、大統領選でトランプ氏が勝利して以来約3%下落していたが、この日は1.3%上昇。マイクロソフト<MSFT.O>が2%高、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が3.4%高、アルファベット<GOOGL.O>が2.9%高と主力銘柄がそろって堅調となった。

エネルギー<.SPSY>も2.7%上がった。

ホームセンターのホーム・デポ<HD.N>は2.6%安。通期の売上高見通し据え置きで、11─1月期が想定よりも低調になることが示唆された。

投資家の間では、トランプ氏が公約通りに減税や規制緩和、政府支出拡大に動くとの期待が強まってきている。ウェドブッシュ・エクイティ・マネジメントのスティーブン・マソッカ最高投資責任者は「これらの政策がすべて米経済と株式市場にとってプラスだとみなしている」と指摘した。

<金先物> 7営業日ぶりに反発。ショートカバーや安値拾いの買いが入ったほか、トランプ次期米政権の経済政策をめぐる不透明感から安全資産として買われた。

ただ、朝方に発表された10月の小売売上高と11月のニューヨーク州製造業景況指数 がともに市場予想を上回る良好な内容だった上、米連邦準備制度理事会(FRB)高官ら が相次ぎ早期利上げに前向きな発言をしていることから、金利を生まない資産である金塊 の上値は抑えられた。

<米原油先物> 石油輸出国機構(OPEC)総会での減産合意への期待が膨らみ、4営業日ぶりに反発した。

この日はほぼ一本調子で値を上げる展開。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相がOPECは早急に減産実施で合意する必要があると述べたとの報が伝わったことから、30日のOPEC総会では加盟各国の減産割り当てで合意できるのではないかとの思惑が強まり、原油に買いが入った。また、ロシアのエネルギー省が15日、ノバク・エネルギー相が17、18両日にカタールでOPEC当局者と非公式の協議を行うと発表したことも、OPEC加盟・非加盟国による協調減産にもつながるのではないかとの見方につながり、原油相場を一段と押し上げる要因となった。

このほか、ナイジェリアの主要パイプラインが相次ぎ武装集団の襲撃を受けているとの報も供給面での懸念につながり、買いを促したもようだ。 

ドル/円 NY終値 109.15/109.20 <JPY22H=>

始値 108.31 <JPY=>

高値 109.33

安値 108.16

ユーロ/ドル NY終値 1.0720/1.0723 <EUR22H=>

始値 1.0766 <EUR=>

高値 1.0772

安値 1.0714

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 98*06.50 2.9659% <US30YT=RR>

前営業日終値 97*28.00 2.9830%

10年債(指標銘柄) 17時05分 97*30.50 2.2295% <US10YT=RR>

前営業日終値 98*00.50 2.2220%

5年債(指標銘柄) 17時05分 98*01.25 1.6638% <US5YT=RR>

前営業日終値 98*03.75 1.6470%

2年債(指標銘柄) 17時01分 99*16.50 1.0007% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*17.25 0.9880%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 18923.06 +54.37 +0.29 <.DJI>

前営業日終値 18868.69

ナスダック総合 5275.62 +57.23 +1.10 <.IXIC>

前営業日終値 5218.40

S&P総合500種 2180.39 +16.19 +0.75 <.SPX>

前営業日終値 2164.20

COMEX金 12月限 1224.5 +2.8 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1221.7

COMEX銀 12月限 1704.3 +15.0 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1689.3

北海ブレント 1月限 46.95 +2.52 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 44.43

米WTI先物 12月限 45.81 +2.49 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 43.32

CRB商品指数 183.0775 +2.8225 <.TRJCRB>

前営業日終値 180.2550

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧