ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国消費者団体、iPhone電源突然オフでアップルに調査要請

2016年11月16日

[15日 ロイター] - 中国消費者協会は15日、米アップルAAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の一部モデルで、突然電源が落ちるという報告が「かなり多く」寄せられているとして同社に調査を求めた。

同協会によると、問題が生じているのは「アイフォーン6」と「アイフォーン6S」。バッテリーの残量が50─60%残っているのに電源が自動でオフになることがあるほか、通常の室温もしくはより温度の低い環境での使用中にも同様のケースが見られるという。さらに、充電しても電源が入らないことがあるとしている。

 「中国でアイフォーン6とアイフォーン6Sの保有者は非常に多く、この問題を報告したユーザーがかなり多いことを踏まえ、アップルにこの問題について問い合わせた」と説明した。

アップルのコメントは得られていない。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧