ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

独首相、人の移動の自由めぐり議論示唆 英EU離脱交渉で

2016年11月16日

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は15日、欧州連合(EU)における人の移動の自由について、適用範囲を議論する用意があると示唆した。英国のEU離脱交渉をめぐり、この問題で交渉の余地がある可能性を示した格好だ。

英国は単一市場へのアクセスを維持しつつ、EUからの移民も制限したい考えだが、首相はドイツ経営者連盟(BDA)の会合で、人・モノ・サービス・資本の移動の自由を分けて考えることはできないと言明。

 「人の移動の自由について仮に英国に特例を認めれば、誰もがそうした措置を求めるようになるため、EU単一市場全体の原則が脅かされることになる」と述べた。

一方で、人の移動の自由の厳密な定義に関し「どの時点から適用されるのか、欧州委員会とさらなる議論を交わす必要がある」との立場を表明。

東欧からの移民がドイツで短期間働いただけで生涯にわたり福祉給付を受ける資格を得るといったケースを例に挙げ、こうした問題は再度議論すべきだと指摘。「人の移動の自由とは、労働者が自国にいる家族と自分のために働くという意味で適用されると個人的には考える」と述べた。

人の移動の自由の適用範囲をめぐる解釈の問題は、メイ英首相にとってプラスとなる可能性がある。

メルケル首相は英国のEU離脱交渉について、「公正な」交渉を実現するためには「英国がどのような形での離脱を望むのか説明する必要がある」とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧