ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

キャッシュ保有減少、米大統領選後のインフレ期待上昇で=調査

2016年11月17日

[ロンドン 16日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が16日に公表した月間調査によると、米大統領選でのトランプ氏勝利を受けたインフレ期待の急上昇を背景に、世界の投資家のキャッシュ保有が減少した。

調査は世界の資産運用担当者177人を対象に11月9─14日に実施した。

11月のキャッシュ比率は5%と、前月の5.8%から低下。月間としては2009年8月以来の大幅な低下となる。

BAMLの首席投資ストラテジスト、マイケル・ハートネット氏は、キャッシュ比率が12月に4.8%以下に低下、もしくは2カ月での下げが1%ポイントを超えると、リスク資産の売りを誘発する可能性があるとの認識を示した。

BAML調査によると、予想外の大統領選挙結果を受け、インフレ期待は12年ぶり、世界の成長率・収益の伸び見通しは1年ぶりの高水準にそれぞれ上昇。スタグフレーション懸念も約4年ぶり水準に上昇した。

大統領選後、公益・通信株などを売り、銀行株を買う動きが加速。ハイテク株も売られている。また、米株の買いが強まる半面、新興国株の売りが膨らんでいる。

今後の動向について、回答者は保護主義の高まりが市場の安定性を揺るがす最大のリスクと指摘。実際、新興国株式をオーバーウェートとする比率はネットで4%と、前月の31%から急低下している。

日本株へのクスポージャーも低下。アンダーウェートとする比率はネットで5%と、前月の3%から上昇した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧