ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

議会への説明責任強化、米FRB改革が最優先=共和党幹部

2016年11月17日

[ワシントン 16日 ロイター] - 米下院の共和党幹部で金融サービス委員会のジェブ・ヘンサーリング委員長は、米連邦準備理事会(FRB)改革が引き続き最優先課題との認識を示した。議会に対する説明責任を強化するとしている。

信用市場に過度な制約をもたらしたとするドッド・フランク法(金融規制改革法)については、トランプ次期大統領が修正を支持するだろうと述べた。

ヘンサーリング氏は自身がまとめた改革案が来年早い時期に下院を通過するとの見通しを示した。ただ上院では民主党の動向もあり不透明とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧