ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ダウとS&P500が反落、金融株軟調で

2016年11月17日

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国株式市場は、S&P総合500種とダウ工業株30種が反落した。投資家がトランプ次期大統領の就任に向けてポートフォリオを調整する動きが続くなか、前日まで堅調だった金融株が軟調に転じた。一方でハイテク株は買われ、ナスダック総合指数は続伸した。

米国株は大統領選でトランプ氏が勝利して以降、騰勢が続いていたが、投資家は金利の上昇とインフレの高進に備えるなか、トランプ氏の公約がどの程度実現するかを見極めようとしている。

トランプ氏の減税とインフラ支出拡大の公約は、経済活動を活性化させてインフレを押し上げるとみられる一方、貿易協定の廃止や輸入品への関税導入は米経済に悪影響を及ぼすと見込まれている。

フェデレイテッド・インベスターズ・グローバル・アロケーション・ファンドのアソシエイト・ポートフォリオ・マネジャー、スティーブン・チアバロン氏は「市場は(大統領選でのトランプ氏の勝利を受けて)非常に楽観的なシナリオを急速に織り込んできたが、同氏が体制を固めるのに伴って懐疑的な見方も出ている」と述べた。

セクター別では、S&P総合500種の主要11業種別指数のうち8業種の指数が低下。その中でも金融株の下げが最も大きかった。

金融株ではJPモルガン・チェース<JPM.N>が2.5%下落。S&P金融株指数<.SPSY>は1.4%低下した。また原油相場の下落を受けてS&Pエネルギー株指数<.SPNY>は0.9%下げた。

一方でハイテク株はアップル<AAPL.O>とマイクロソフト<MSFT.O>が値上がりして地合いを下支えし、S&P情報技術株指数<.SPLRCT>は0.92%上昇した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.11対1だった。ナスダックも1.11対1で上げ銘柄が下げ銘柄を上回った。米取引所の合算出来高は約73億株で、直近20営業日の平均である79億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 18868.76 -54.30 -0.29 18909.85 18909.8 18825.89 <.DJI>

5

前営業日終値 18923.06

ナスダック総合 5294.58 +18.96 +0.36 5253.74 5299.63 5251.88 <.IXIC>

前営業日終値 5275.62

S&P総合500種 2176.94 -3.45 -0.16 2177.53 2179.22 2172.20 <.SPX>

前営業日終値 2180.39

ダウ輸送株20種 8749.08 -65.42 -0.74 <.DJT>

ダウ公共株15種 630.49 -5.04 -0.79 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 857.55 +9.65 +1.14 <.SOX>

VIX指数 13.72 +0.35 +2.62 <.VIX>

S&P一般消費財 638.42 +3.46 +0.55 <.SPLRCD

>

S&P素材 303.14 -0.35 -0.11 <.SPLRCM

>

S&P工業 527.13 -3.53 -0.66 <.SPLRCI

>

S&P主要消費財 519.93 -0.06 -0.01 <.SPLRCS

>

S&P金融 362.64 -5.21 -1.42 <.SPSY>

S&P不動産 182.95 -0.21 -0.12 <.SPLRCR

>

S&Pエネルギー 522.16 -4.61 -0.87 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 809.63 -3.88 -0.48 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 157.58 +1.62 +1.04 <.SPLRCL

>

S&P情報技術 792.60 +7.25 +0.92 <.SPLRCT

>

S&P公益事業 234.74 -1.94 -0.82 <.SPLRCU

>

NYSE出来高 8.95億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 17800 - 80 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 17780 - 100 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧