ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

仏大統領選、マクロン前経済相が無所属での出馬表明

2016年11月17日

[パリ 16日 ロイター] - フランスのマクロン前経済相(38)が16日、来年の大統領選に向け、無所属での立候補を表明した。接戦が予想される中、主流派候補から票を奪う可能性は高い。

マクロン氏は出馬表明にあたり、フランスを派閥政治から脱却させたいと語った。同氏はオランド政権の経済相を8月に辞職していた。

投資銀行出身のマクロン氏は自身の政策の詳細をまだ明らかにしていない。高い支持率を誇るものの、選挙で選ばれた政治家ではなく、専門家の間では政党の後ろ盾がない同氏が大統領選で勝利するのは難しいとの声もある。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧