ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

スウェーデン中銀、独自の電子通貨発行を検討=副総裁

2016年11月17日

[ストックホルム 16日 ロイター] - スウェーデン中央銀行のスキングスレー副総裁は16日、中銀が独自の電子通貨を発行する可能性について検討していると明らかにした。実現すれば仮想通貨を取り扱う初めての先進国中銀となる。

スウェーデンの現金通貨は国内総生産(GDP)比で1950年時点の10%近くから1.5%程度まで減少している。

国内銀行は現金の取り扱いをやめる支店が相次いでおり、現金自動預け払い機は多くの地域でほとんど目にすることがなくなった。一部の小売店舗では現金払いを受け付けなくなっている。

副総裁は「スウェーデンはこの分野で最も進んでいる。紙幣や硬貨の取り扱いをここまで早くやめている国は他にはないため、他国の真似をする必要もない」と述べた。

そのうえで、中銀は技術面や法律上の問題、実用性と安全性などを検証する必要があり、向こう2年で電子通貨について決定を下す方針だと表明した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧