ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

インタビュー:欧州も独自の核抑止力保有を検討すべき=独議員

2016年11月17日

[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツ連邦議会外交委員会のメンバーであるローデリヒ・キーゼベッター議員は、米国のトランプ次期大統領が欧州での軍事的関与縮小を示唆していることを受け、欧州も独自の核抑止力保有を検討する必要があるとの見解を示した。ロイターとのインタビューで語ったもの。

キーゼベッター議員は、欧州全体の安全保障のために核抑止力を持つようフランスと英国を説得する上で、ドイツは重要な役割を果たすことができると主張。「米国の核の傘と核による安全保障は、欧州にとって必要不可欠だ」とし、「この保証を米国がもはや提供したくないというのであれば、欧州には抑止力としての核防衛が必要だ」と述べた。

同議員は英仏による核の傘には費用がかかるとも指摘したが、資金は2019年から開始する欧州共同予算でまかなえるとも話した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧