ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

伊国民投票で憲法改正否決の場合、暫定政府に加わらず=首相

2016年11月17日

[ローマ 17日 ロイター] - イタリアのレンツィ首相は16日、12月4日の国民投票で憲法改正が否決された場合、暫定政府には加わらないと表明した。首相は先に、否決された場合は辞任する意向を示唆している。

多くの評論家は、否決された場合、暫定政府が新しい選挙制度を立案するか、政党に所属しない専門家らによる暫定政府が誕生するとみている。だが首相はこれには加わらないと話し、「私は小さな政府、もしくは(選挙制度を変えるという)限定的な目的を持つ政府を作るため、他の政党と交渉することはないだろう」と述べた。

選挙制度については、国民投票の結果にかかわらず、変更されるだろうと話した。現行制度はレンツィ首相が2015年に可決させたが、1度も実施されていない。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧