ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

スウェーデン、利下げ余地まだある=中銀副総裁

2016年11月17日

[マルメ(スウェーデン) 17日 ロイター] - スウェーデン国立銀行(中央銀行)のペール・ヤンソン副総裁は17日、政策金利のレポレートには追加緩和の余地があり、下限に達した兆しは見当たらないと述べた。

副総裁は記者会見で「12月に、たとえば10ベーシスポイント(bp)利下げをしたとしても、実効上、下限まではまだ60(ベーシス)ある」と言明。「ただ、利下げを継続すれば、難しい事態が発生する可能性が高まるのは無論のことだ。以前指摘したとおり、利下げをし、様子を見て、継続するかどうかの判断を行うというアプローチになるだろう」と述べた。

さらに副総裁は、一段の金融緩和が必要な場合、利下げと債券買い入れの拡大を組み合わせて行う方が良いとの考えも示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧