ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米独首脳が会談、4期目出馬めぐりメルケル氏は沈黙

2016年11月18日

[ベルリン 17日 ロイター] - メルケル独首相は17日、オバマ米大統領との共同会見で、4期目出馬については適切な時期に発表すると述べるにとどめ、明言を避けた。

任期中最後の訪独となったオバマ大統領は、メルケル氏の続投を望むかとの質問に対し「卓越したパートナー」と高く評価し、自身がドイツ国民ならメルケル氏を支持すると述べた。

だがメルケル氏は適切な時期に明らかにするとしたが、「きょうではない」と語った。その上で、過去8年首脳として緊密な関係を築いてきたオバマ氏との「別れはつらい」と応じた。

両首脳はまた、自由貿易協定(FTA)交渉を続ける重要性を強調。トランプ次期大統領は欧州連合(EU)と米国が交渉を重ねてきた環大西洋貿易投資協定(TTIP)に反対の立場だが、メルケル首相はトランプ氏と連携するためできる限りのことを行うと述べた。

ウクライナ問題をめぐって対立するロシアに関しては、オバマ氏はトランプ氏が時に立ち向かうことを望むと述べた。「次期大統領が、利害が一致するところではロシアと協力し、われわれの価値観や国際的な常識から外れる場合には対抗する意思を持つことを希望する」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧