ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米JPモルガンに制裁金290億円、中国高官の親族採用問題で

2016年11月18日

[ワシントン 17日 ロイター] - 米銀大手JPモルガン・チェース<JPM.N>は、中国での事業獲得のために政府高官の親族採用で便宜を図ったとされる問題で、2億6400万ドル(約290億円)の制裁金を支払うことで当局と合意した。米証券取引委員会(SEC)と米司法省が17日、共同声明で明らかにした。

SECと司法省は、この問題が海外腐敗行為防止法(FCPA)の違反に当たる可能性があるとして、数年にわたり調査を行っていた。

和解金はSECと司法省のほか、米連邦準備理事会(FRB)にも支払われる。

JPモルガンは、問題に絡む不正行為ついて肯定も否定もしていない。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧