ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国債取引、大統領選受け11月9日に急増 過去2番目=ICAP

2016年11月18日

[ロンドン 17日 ロイター] - インターブローカーディーラーのICAP<IAP.L>によると、11月9日の米国債電子取引高が過去2番目の規模となった。米大統領選でのトランプ氏の勝利を受けて売買が大きく膨らんだ。

自社電子取引システム上の取引に基づき算出した。

米国債電子取引高は4370億ドル。2014年10月に米国債市場が急変動した日以来の高水準となった。

為替の電子取引も活発になり、主要プラットフォームEBS上の取引高は過去1年間の1日平均である約900億ドルから2400億ドル近くに急増した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧