ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米、イランの重水貯蔵量めぐり対立 核合意後初=IAEA理事会

2016年11月18日

[ウィーン 17日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)の理事会で17日、イランの重水貯蔵量をめぐり米国とイランが公の場で初めて衝突した。欧米など6カ国とイランとの核合意では、重水貯蔵量の上限を130トンと規定している。

重水は、原子炉の減速材として用いられる。IAEAは、イランが今年この規定量を2回超過したと指摘、核合意に対する各国の支持を損なう恐れがあると警告した。

米国のローラ・ホルゲートIAEA担当大使は「イランは合意事項をすべて厳格に守らなければならない」とする声明を発表した。

核合意文書では、イランは必要以上の重水を貯蔵してはならないとしたうえで、その必要量は130トンと推定される、としている。欧米諸国がこの130トンを貯蔵量の上限と見なす一方、イランの解釈がこれとは異なることが対立の背景だ。

IAEAによると、イランは重水貯蔵量を130トン未満に抑えるために一部の国外搬出に向けて準備している。しかしホルゲート氏は「実際に国外に搬出することなく、この重水は売却用だと説明するだけでは合意を順守していることにはならない」と指摘した。

イランのレザ・ナジャフィIAEA担当大使は、非難の論点が明確ではないと反論。同氏は記者団に、イランはIAEAに当初報告した5トンを上回る重水の輸出を準備していると述べ、「合意文書では、イランが必要とする量を130トンと推定している。『推定』の意味を誰か教えてくれ」と訴えた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧