ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

EUが崩壊の危機に、独仏がリードして成長や雇用促進を=仏首相

2016年11月18日

[ベルリン 18日 ロイター] - フランスのバルス首相は17日、ドイツの首都ベルリンで、フランスとドイツが経済成長や雇用を促進し、国民の懸念に耳を傾ける努力をさらに強化しない限り、欧州連合(EU)は崩壊の危機にさらされると警告した。

南ドイツ新聞主催のイベントでバルス氏は、数十年間にわたってEUの中心だった両国が、「移民問題や加盟国間の連帯の欠如、迫り来る英国のEU離脱、テロリズム」に立ち向かうEUを支援しなくてはならないと指摘。「ドイツとフランスには大きな責任がある」と述べた。

バルス首相は、フランスは法人税の減税により経済を活性化させ続ける必要があるとした上で、ドイツとEUの全加盟国が成長を刺激し、雇用を創出し、防衛を強化する投資を増やす必要があると語った。

英国はEU離脱後のEUとの関係を模索する協議において、EUからの移民を制限する一方でEU単一市場へのアクセスを最大限維持したい考えだが、バルス氏は「いいとこ取り」を許すことは他の加盟国の離脱につながるとして、これを阻止する必要があると述べた。

移民問題は、英国をEU離脱決定へと導いた主要な問題の1つだが、バルス氏は、昨年100万人以上の移民が流入したEUは国境管理を再び強化しなければならないと語った。

また、英国のEU離脱決定とドナルド・トランプ氏の米大統領選での勝利は、国民の怒りの声を聞くことがいかに重要かを示していると述べた。

フランスでは、世論調査によると、反EU、反移民を掲げる極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が来年4月の大統領選の第1回投票で勝利するものの、5月の決選投票で敗れると予想されている。

バルス氏は、トランプ氏の勝利によりルペン党首が勝つ可能性が高まったと指摘。フランスの大統領選をめぐる議論は「極右による危険を無視」しているとし、「私たちは歴史的な瞬間、世界にとって、欧州にとって、そしてフランスとって危険な瞬間に直面している」と警告した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧