ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

2016年は観測史上最も暑い年になる可能性=米海洋大気局

2016年11月18日

[ワシントン 17日 ロイター] - 米海洋大気局(NOAA)は17日、10月の世界の平均気温が過去3番目に高い気温となったことを受け、今年は観測史上最も暑い年に向かっていると述べた。

NOAAの声明によると、10月の世界の平均気温は、20世紀の平均気温13.9度を0.73度上回り、史上3番目に暑かった2003年に並んだ。

今年1─10月の世界の平均気温は、平均より0.97度高く、過去最高だった2015年を0.1度上回った。

NOAAは、今年は観測記録のある122年間で最も暑い年になる可能性があるとの見通しを示した。

赤道付近の太平洋で海面水温が低温になるラニーニャ現象の影響で、気温は下降し始めたという。

アラスカとフィンランドで最も乾燥した10月となったほか、アフリカでは史上最も暑かった2015年に次ぐ2番目に暑い10月となった。

また、10月の北極海の海氷面積の平均は、1981─2010年の平均より28.5%小さく、1979年に観測が始まって以来、10月としては最小だった。

世界の海面水温は10月としては2番目に高く、今年1─10月は過去最高となった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧