ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

首相、トランプ氏との友好強調 TPP打開になお課題

ロイター
2016年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
11月17日、米国を訪問中の安倍晋三首相は、ドナルド・トランプ次期米大統領と会談した。会談終了後、両者は友好関係の構築を強調して見せたが、環太平洋連携協定(TPP)をめぐる隔たりはなお大きい。提供写真(2016年 ロイター /Cabinet Public Relations Office/HANDOUT via Reuters)

[東京 18日 ロイター] - 米国を訪問中の安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日朝)、ドナルド・トランプ次期米大統領と会談した。会談終了後、両者は友好関係の構築を強調して見せたが、環太平洋連携協定(TPP)をめぐる隔たりはなお大きい。個人的な信頼関係の醸成が政策面での差を埋められるかどうかは不透明な情勢だ。

早い段階での信頼構築へ、大きな一歩

 トランプ氏の自宅で行われた会談は「大変温かい雰囲気」(安倍首相)の中、予定時間の倍に当たる約1時間半にも及んだ。

 安倍首相が記者団に「ともに信頼関係を築けると確信を持てる会談だった」と述べる一方、トランプ氏も自身のフェイスブックで「素晴らしい友好関係を始められて嬉しい」と投稿。

 麻生太郎財務相によると、トランプ氏は会談後に首相をトランプ・タワーの下まで見送りに出たといい、両者の友好関係を印象付けた。

 会談の内容は明らかになっていないが、日本政府内でも「早い段階でトランプ氏とのチャネルを作れた意義は大きい」と評価する見方が多い。菅義偉官房長官は「(トランプ氏の)当選後、世界の首脳で一番初めに対面形式の会談ができた」と強調。「新政権発足前から首脳間の強い信頼関係を築いていく上で、大きな一歩を踏み出す素晴らしい会談になった。良いスタートが切れた」と語った。

TPP打開へ、問われる手腕

 もっとも、トランプ氏は選挙期間中、安倍政権が成長戦略の柱に位置付けるTPPに反対の立場を表明している。首相は15日の国会審議でも「君子豹変す」とのことわざを引用してトランプ氏を念頭に「国や国民のためにメンツを捨てて判断することが指導者に求められる」と発言。TPP実現に向け、将来的にトランプ氏を説得したい考えだが、ある政府関係者は「今回の会談でTPPが大きく取り上げられた可能性は低い」と指摘する。

 TPPはシンガポール、チリ、ニュージーランド、ブルネイの4ヵ国が2006年に発効した経済連携協定が拡大したものだ。13年に交渉参加表明した「新参者」の日本が、米国の説得に失敗してTPP漂流が決定的になれば、アジア太平洋諸国からの信頼を失いかねない。

 安倍首相はアジア太平洋経済協力会議(APEC)の前に行われるTPP参加12ヵ国首脳会合でも、TPPの早期発効を呼びかける考え。トランプ氏との友好関係を推進力に、「下手に動けない」(同関係者)現状を打開できるか、手腕が問われそうだ。

(梅川崇 編集:石田仁志)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧