ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

経済通貨同盟完成、危機再来前に必要=ベルギー中銀総裁

2016年11月18日

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁は18日、新たな危機が再び訪れる前に経済通貨同盟(EMU)を完成させる必要がある、との認識を示した。

同中銀総裁は「この機会を利用してEMUの力を強化し、構造を完成させるべきだ。新たな危機の到来を待つことは賢明ではないと歴史が示している」と語った。

その上で、単一破綻処理基金(SRF)や共通の預金保険制度により銀行同盟を完成させる必要を指摘。欧州委員会が提唱している資本市場同盟も必要だ、との考えを示した。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、ユーロ圏財務相会議のダイセルブルーム議長、ユンケル欧州委員長、トゥスク欧州連合(EU)大統領は2015年半ばにEMUを2段階で進化させ、2025年までに完成させる計画を発表した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧