ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

貿易収支10月は4962億円の黒字 輸出足踏み、数量減に

2016年11月21日

[東京 21日 ロイター] - 財務省が21日に発表した10月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は4962億円の黒字となった。輸出入ともに金額は減少したが、原油価格下落の影響で2カ月連続の黒字を確保した。数量ベースでは輸出が3カ月ぶりに減少に転じ、足踏み傾向が顕著となった。

輸出は前年比10.3%減の5兆8699億円で13カ月連続の減少。減少幅は7月の14.0%減以来の大きさとなった。品目では鉄鋼(19.3%減)、鉱物性燃料(33.2%減)などが減少に寄与した。

中でも、中東向けの自動車輸出が金額ベースで33.6%減と大きく落ち込んだ。原油安で国の財政が圧迫され、サウジアラビアでは公務員の給与削減などによって自動車消費が低迷する背景もある。

輸出数量では1.4%減と小幅ながら3カ月ぶりに減少。為替レート(税関長公示レートの平均値)が前年比14.7%の円高となったことから、金額での減少幅が膨らんだ。

一方、輸入は同16.5%減の5兆3737億円で22カ月連続の減少。減少品目は原粗油(27.2%減)、液化天然ガス(32.1%減)、衣類・同付属品(26.5%減)などで、引き続きエネルギー価格の低下が影響した。

地域別では、中国向け輸出が同9.2%減、米国向け輸出は同11.2%減だった。

ロイターが民間調査機関を対象に行った調査では、予測中央値は6154億円の黒字。輸出は前年比8.6%減、輸入は同16.3%減だった。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧