ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

今3月期基準より来3月期の
PERと増益率での選別が有効

吉野貴晶
2011年1月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 好調な新春相場を迎えて、本年は明るい期待が持てそうだ。大発会の日経平均株価は169円高となった。

 1949年に東証が戦後再開してからの集計では、大発会に上昇した年は70%の確率で上昇し、平均上昇率も13%となった。これは大発会に下落した年には45%の確率でしか上昇しなかったこと(平均上昇率は6%)と比べると、大きな差である。

 相場上昇の背景には、日米の金融緩和による過剰流動性期待に加え、世界景気の回復がある。実体経済の改善が背後にあるだけに、期待先行で急騰する相場と比べて、緩やかながらも息の長い上昇相場となるだろう。

 では、どういった観点で銘柄を選別すべきか。景気や企業業績の上昇トレンドが相場を支えているのであれば、業績面での投資尺度を使いたい。まずは、バリュー(割安性)の尺度であるPER(株価収益率)である。足元であれば、10倍程度までが割安の目安となるだろう。次にグロース(成長性)の尺度で経常増益率である。これら二つの尺度で銘柄をスクリーニングした。

 ここでは2012年3月期の予想純利益で算出したPERと経常増益率に着目した。まず実績PERを基準に東証1部上場銘柄で割安な上位2割に該当する銘柄のグループをつくる。反対に割高なほうからも2割の銘柄のグループをつくる。グループの平均的なリターンを計算し、その差を毎月計算した。これは、割安なグループを買い(ロング)、割高なグループを売った(ショート)場合のリターンだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧