ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

競争力の観点からもマイナス
金融界の高額報酬が非難の的

加藤 出 [東短リサーチ取締役]
2011年1月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「謝罪なし、抑制なし、恥知らず」。1月12日の英「インディペンデント」紙は1面に大きく、英大手銀行経営者を激しく非難した。RBS、ロイズ、バークレイズなどの大手銀行のトップは、昨年、ボーナスの受け取りを辞退した。今年は業績回復を受けて、高額の報酬を経営者、幹部社員に払う方針を示している大手行が増えている。それに対して、英世論は烈火のごとく怒っている。

 今回の景気後退の原因をつくったのは金融業界であり、一方で英政府が財政再建のために国民にとって過酷な緊縮政策を推し進めようとしているなか、銀行が多額のボーナスを支給することはおかしいという論調があちこちで見られる。感情論に近い論調も一部にあるが、「納得がいかない」という声は確かに多く聞かれる。キャメロン首相やオズボーン財務大臣も銀行経営者に高額報酬を思いとどまるように要請している。

 「タイムズ」紙の社説(1月11日)は次のように述べた。チェルシーのミッドフィルダー、フランク・ランパードは1週間に10万ポンドの報酬を受けている。しかし、彼のような優秀なサッカー選手の高額サラリーは、バンカーのそれと異なって、不作法、不公正、モラルの堕落とは見なせない。なぜなら真に卓越した選手の数は限られており、代替できる人が少ない。その希少性あるプレーを見たくて人びとはカネを払っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤 出 [東短リサーチ取締役]

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。2009年度中央大学商学部兼任講師。著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「新東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)。


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧