ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ユーロ加盟国格下げも、大衆迎合主義政党勝てば=フィッチ

2016年11月22日

[ロンドン 21日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは21日、ユーロ加盟国の格付けについて、選挙で大衆迎合主義的な政党が勝利すれば格下げにつながる可能性があるとの見解を示した。

フィッチは大衆迎合主義の台頭に関する報告書で「国際貿易に閉鎖的になれば、中期的な成長率が軟調になるリスクが出てくる」とし、「通貨同盟に加入するなどして国際社会に高度に組み込まれている国では、大衆迎合主義の台頭による経済・財政的なコストは非常に高くなり、そのような状況下では格付けが引き下げられる公算がある」とした。

ただ、フィッチは具体的な国名は挙げていない。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧