ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米次期政権が負担増要求なら応じざるを得ず=韓国防衛事業庁長官

2016年11月22日

[ワシントン 21日 ロイター] - 韓国のチャン・ミョンジン防衛事業庁長官は21日、米国のトランプ次期政権が韓国に対して防衛費の負担増を要求した場合、受け入れざるを得なくなるとの見方を示した。

チャン氏は他の支出を縮小する必要があり、反発を招くことになるだろうと指摘。トランプ氏は選挙戦で、韓国が防衛費をさらに負担しなければ、在韓米軍の撤退も辞さない構えを示していた。

チャン氏は米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)での講演で、韓国の戦略的役割は北朝鮮の核の脅威からの防衛にとどまらず、中国やロシアからの防衛という役割もあると強調。

チャン氏は「もしトランプ次期米大統領が韓国との同盟関係において、(韓国側に)一層の負担を要求した場合、韓国は必然的にそれを受け入れざるを得なくなる」と語った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧