ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

北海ブレント先物が3週間ぶり高値、OPEC減産合意観測で

2016年11月22日

[シンガポール 22日 ロイター] - 22日のアジア市場で北海ブレント先物<LCOc1>が一時1バレル=49.63ドルまで上昇し、10月31日以来の高値を付けた。石油輸出国機構(OPEC)が減産で正式に合意するとの観測が背景にある。

0525GMT時点では0.68ドル(1.4%)高の49.58ドル。米原油先物は<CLc1>は0.69ドル(1.4%)高の48.93ドルとなっている。

OPECは30日の総会に向けて、非加盟国も含めて正式に減産で合意することを目指している。

ただアナリストは仮に合意できなければ、来年初めまで供給過剰が拡大すると予想している。

ゴールドマン・サックスは顧客向けリポートで、OPECとロシアなど他の産油国が減産合意に至らなければ、2017年第1・四半期に日量70万バレルの過剰供給が生じるとの見方を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧