ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

10月全国百貨店売上高は前年比3.9%減、8カ月連続マイナス=日本百貨店協会

2016年11月22日

[東京 22日 ロイター] - 日本百貨店協会が22日発表した10月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比3.9%減の4755億円と、8カ月連続でマイナスとなった。

ただ、落ち込み幅は徐々に縮小しており、国内市場を中心に持ち直しの動きがみられる。主力の衣料品が徐々に回復してきていることが下支えとなっているという。

一方で、訪日外国人客向け売上高は13.2%減と7カ月連続前年割れ。10月1日から7日までの国慶節期間の売り上げが伸び悩んだ。

同協会では、11月、12月の歳暮とクリスマスギフト商戦に期待しており、売上高を一段と改善させたいとしている。

調査対象の百貨店は81社・234店。東京地区は前年比4.4%減と、3カ月連続マイナスとなった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧