ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

三菱重工など3社、仏原子力大手アレバに出資検討=関係筋

2016年11月22日

[パリ 22日 ロイター] - 中国、カザフスタン、日本の原子力関連企業が仏大手アレバ<AREVA.PA>株の取得に関して協議している。仏政府関係筋がロイターに対し明らかにした。結論は2―3週間以内に出る見通しだという。

仏ニュースサイトのBFMビジネスは22日、中国核工業集団公司(CNNC)、三菱重工業<7011.T>、カザフのカザトムプロムがアレバ株を各11%取得し、政府の保有比率は67%に低下すると、関係筋の話として報じた。取得額は各4億ユーロとなるもようだ。

アレバはコメントを控えた。CNNC、三菱重工、カザトムプロムからのコメントは得られていない。

アレバは現在、50億ユーロ(54億ドル)の増資を計画している。

三菱重工はアレバと長年、工業分野で協力関係にあり、両社は新型原子炉を共同開発している。カザトムプロムはウラン採掘大手で、アレバと合弁で鉱業関連事業を手がける。CNNCは中国での核燃料再処理施設の建設に向け、アレバと提携を結んでいる。

*内容を追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧